ここではaikoのおすすめの曲TOP10をご紹介。往年のaikoファンも、最近ちょっと知って聞くようになったという方にも、是非とも記事を読んで頂ければと思います!

aikoのおすすめの曲TOP10!ランキング形式で紹介!

aikoのおすすめの曲TOP10をランキング形式でご紹介します!あなたのお気に入りの曲は何位に入っていますか?

aikoのおすすめの曲1位:カブトムシ

aikoの代表曲であり、聴くと恋愛をしていた頃の淡い気持ちを思い出させてくれます。恋する女の子の想いをカブトムシに例えたaiko独特の世界観が話題になったナンバー。

発売から20年近く経ちますが、今でもファンから圧倒的な支持を得る名曲です。

aikoさんのカブトムシの歌詞

aikoのおすすめの曲2位:ボーイフレンド

aikoが初めてオリコン売り上げ1位を獲得した曲であり、自身最大のヒット曲です。”カラオケでこの曲を歌うとモテる”なんて都市伝説が生まれるほどの、最強の恋愛ハッピーソングになっています。

aiko史上「最も衣装の露出度が高い」というPVも話題になりました。

aikoさんのボーイフレンドの歌詞

aikoのおすすめの曲3位:花火

今から20年近く前に発売されたaiko3枚目のシングル。この楽曲で”歌手aiko”の名前が一気に広まりました。恋する繊細な感情を綴った歌詞を、対照的なリズミカルサウンドに乗せて歌われています。

aikoさんの花火の歌詞

aikoのおすすめの曲4位:KissHug

aiko24枚目のシングルで大ヒット映画「花より男子F(ファイナル)」の挿入歌です。友達以上、恋人未満の切ない気持ちを歌うこの楽曲は映画の世界観にピッタリ。

”ライブで聴くと思わず涙がこみあげてくる”と評判な、珠玉のバラードとなっています。

aikoさんのkisshugの歌詞

aikoのおすすめの曲5位:キラキラ

aiko18枚目のシングルでドラマ「がんばっていきまっしょい」の主題歌です。爽やかなミディアムテンポに乗せた前向きな歌詞が印象的。

楽曲のタイトル通り、毎日がキラキラと感じられるaiko最高のポジティブソングです。

aikoさんのキラキラの歌詞

aikoのおすすめの曲6位:恋をしたのは

aiko36作目のシングルでアニメ映画「聲の形」の主題歌。aiko自身が原作のファンだったこともあり、映画の世界観にピッタリ寄り添ったエモーショナルなラブソングになっています。

MVがaikoの公式チャンネルだけでなく、京都アニメーションのチャンネルからも公開されていることが話題になりました。

aikoさんの恋をしたのはの歌詞

aikoのおすすめの曲7位:ロージー

aiko8枚目のシングル。好きな男性に対する健気な気持ちをストレートに綴った、aikoの真骨頂とも言える1曲です。楽曲の最後にタイトルをシャウトする場面は、aikoの曲に込めた強い想いを感じさせます。

aikoさんのロージーの歌詞

aikoのおすすめの曲8位:milk

aiko25枚目のシングル。「ブリヂストン・アルベルト」のCMソングとして話題になりました。恋の始まりを予感させるウキウキ感をテンポの良いサウンドで表現。ライブでも定番となっている楽しい1曲です。

aikoさんのmilkの歌詞

aikoのおすすめの曲9位:蝶々結び

aiko12枚目のシングル。タイトルの「蝶々結び」には「彼の靴の紐を”蝶々結び”できるほど近しい関係になりたい」という意味が込められています。

相手を待っていたいんだけど、はやる気持ちを抑えられない衝動が伝わってくるaiko渾身の青春ソングです。

aikoさんの蝶々結びの歌詞

aikoのおすすめの曲10位:おやすみなさい

aiko9枚目のシングルでドラマ『さよなら、小津先生』の主題歌。電話で別れを告げたカップルを表現した1曲です。aikoには珍しいバンド・サウンドで“音で聴かせる”良質なスローバラードとなっています。

aikoさんのおやすみなさいの歌詞

aikoのおすすめの曲についてまとめ

デビューから20年以上経っても、繊細な恋愛の機微を表現する瑞々しい”感性”は健在。常に成長を続けるaikoだからこそ、幅広い年代から支持されているのでしょう。

aikoにはまだまだ隠れた名曲がたくさんあるので是非聴いてみてください。

スポンサーリンク