この記事ではNBAの歴代センターランキングをお届けします。身長や身体能力はもちろん、巧みなステップや合わせの技術、フィニッシュの技術などが求められるセンタープレイヤー。

圧倒的な得点力やブロックショットでインサイドを支配した名選手たちを動画付きで紹介するので、その人間離れしたプレイをお楽しみ下さいね!

NBA歴代センターランキング!TOP5を紹介!

NBAの歴代センターをランキング形式で紹介します。ナンバーワンのインサイドプレイヤーは果たしで誰なのでしょうか?

NBA歴代センターランキング1位:ウィルト・チェンバレン(Wilt Chamberlain)

1試合100得点という信じられない記録を持つチェンバレン。得点ランキングの上位はほぼ独占状態。リバウンド・ブロックの数も桁違いで、パスもうまくてアシスト数も多いという驚異の選手です。

古い映像しか見つからなかったものの、ありえない角度からのダンクや信じられない高さのブロックから、人間離れした身体能力が伺えるでしょう。

チェンバレンほどの身体能力を誇るビッグマンはまだまだ少なかったのかも知れませんが、残した功績は数知れず。NBA歴代最高のセンタープレイヤーだと言っても間違いないと言えるでしょう。

NBA歴代センターランキング2位:カリーム・アブドゥル・ジャバー(Kareem Abdul-Jabbar)

正確無比なスカイフックで機械のように得点を量産したジャバー。アシストやブロックの数も多く、通算得点は歴代1位。長身でありながらも速攻の先陣を切る脚力があり、レイカーズのショータイムを彩りました。

誰もジャバーを止めることが出来なかったため、大学ではダンクが禁止になったと言うエピソードも…。

ダンクを禁止されたジャバーがスカイフックを身に着けたことから、結果的には得点力のアップに繋がってしまったようですが…。

バスケ漫画スラムダンクの花形透のモデルだと言われている、柔らかさと力強さを重ね備えた伝説のNBA選手ですよ!

NBA歴代センターランキング3位:アキーム・オラジュワン(Hakeem Olajuwon)

長身からは想像できない程の、柔らかくて多彩なステップ。ドリームシェイクと呼ばれるオラジュワンのステップワークは、今でも多くのNBA選手が手本としています。

バスケを始めたのは15歳というオラジュワンですが、ハンドボールやサッカーのゴールキーパーとしての経験がプラスになったようです。

ロケッツを2連覇に導いている正真正銘の殿堂入り選手ですが、NBAファイナルではあのシャックを圧倒した実績も!

ビッグマンでありながら切れ味鋭いドリブルからもアタック出来るオラジュワンは、万能型ビッグマンの先駆け的な存在だと言えるでしょう!バスケ漫画スラムダンクの河田雅史のモデルだと言われています。

NBA歴代センターランキング4位:シャキール・オニール(Shaquille O’Neal)

リングを破界するほどのパワーを誇るシャック。レイカーズ時代にはコービーとともに三連覇を達成。いずれのシリーズでもファイナルMVPを受賞していることから、その影響力が伺えるでしょう。

巨体からは想像できないほどのスピードとジャンプ力。相手をなぎ倒しリングにアタックするシャキール・オニールは、ウィルト・チェンバレンの再来だと言っても過言では無いほど。

パスやブロックショットにも長けており、オールスターでは華麗な股抜きパスを披露したこともあります。バスケ漫画スラムダンクの森重寛のモデルだと言われているNBA史上屈指のセンタープレイヤーです。

NBA歴代センターランキング5位:パトリック・ユーイング(Patrick Ewing)

NBAの頂点にこそあと一歩で届かなかったものの、ニックスの伝説的な存在であるパトリック・ユーイング。初代ドリームチームのメンバーでもあり、オラジュワンとは大学時代からの永遠のライバルです。

ローポストエリアでのターンアラウンドシュートを得意としており、打点の高いユーイングのシュートは、分かっていても止められないほど。

髪型から、バスケ漫画スラムダンクの赤木剛憲のモデルだと言われていますが、ゴリよりもシュートエリアは広く、得点のパターンは豊富です。

NBAの歴代センターについてまとめ

NBAの歴代センターについてランキング形式で紹介しました。現代のNBAはガードが主体のリーグになっていますが、1980年代~1990年代の大型選手同士の戦いは、現代とは違った見ごたえがありましたよね。

アンソニー・デイビスやジョエル・エンビードに代表される近代型の多彩なビッグマンも、いずれはこちらの歴代センターと肩を並べる存在として称されるかも知れませんね!