この記事ではおすすめのコミュケーション本を紹介します。会社でも学校でも、周りとうまくやりたいけど、うまくいかないときがあります。そんな問題を解決するきっかけになる本を集めてみました。

学校や職場では教えてくれない正しいコミュニケーションについて、今回選んだ10冊の本で勉強してみて下さいね!

コミュニケーション本おすすめランキング!TOP10はこちら!

厳選した10冊のコミュニケーション本をランキング形式で紹介します。おすすめの本から順に紹介していくので、会話力の向上にお役立て下さい!

おすすめのコミュニケーション本1位:人を動かす

自己啓発本の原点、初版は1937年です。終始、相手を慮ってコミュニケーションを取ろう、そのための人の接し方が書かれています。

このままを実行しようとすると息苦しくなるかもしれませんが、営業1年生の方など仕事で人と対話することに慣れていない方には有効な本です。

おすすめのコミュニケーション本2位:自分の小さな「箱」から脱出する方法

エリートサラリーマンが転職先で、コミュニケーションの研修を受けるという設定で話は進みます。

主人公と一緒に、「自分は悪くない!なんでだ!」と憤りながら、「それならどうすればいいんだ!教えてくれ!」とミステリーを読み解くように読み進められます。

おすすめのコミュニケーション本3位:ベスト・パートナーになるために-男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール

恋愛マニュアル本なのですが、侮るなかれ。男性と女性の違いを意識するのとしないとでは、コミュニケーションの円滑さが段違いです。

異性というのは、異星人と同じぐらい感じることが違うことを実感できる本です。プライベートだけでなく、ビジネスにも生かすことができます。

おすすめのコミュニケーション本4位:あなたの話はなぜ「通じない」のか

同じことを言っているのに、私が言ったらダメで、あの人が言えば通るのか!と理不尽に思うことは多いかと思います。この本では、自分のメディア力を上げる、自分自身に嘘をつかないことが必要と説きます。

ではメディア力とは何なのか?説得力のある話し方の根本を解く本です。安易なテクニックは書かれていないところに好感が持てます。

おすすめのコミュニケーション本5位:上機嫌の作法

「声に出して読みたい日本語」の著者、齋藤孝さんの著書です。テレビで拝見するとハイテンションなイメージなのですが、元々はとっつきにくい部類の方だったとのこと。

円滑なコミュニケーションのために「上機嫌」を演じる。コミュニケーションを取る前提の姿勢を学ぶことができます。

おすすめのコミュニケーション本6位:誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール

最初読んだとき、正直大したこと書いてないなあと思いました。本当に会話する際に行っている「ちょっとしたこと」が66個書いてあります。

確かにコミュニケーションが苦手な方は、この「ちょっとしたこと」が苦手なのかなと思いました。取り入れやすいことから実行していけば、直実にコミュニケーション能力が身につくはずです。

おすすめのコミュニケーション本7位:プロカウンセラーの聞く技術

臨床心理士の方が、カウンセリングをする際に用いる聞く技術について書かれた本です。

コミュニケーションというと、いかに話すかに着目しがちですが、信頼できる人間関係を築くためには、相手を理解すること=「聞く」ことが必要だと説いています。

おすすめのコミュニケーション本8位:「ひらがな」で話す技術

会話の中で、カタカナ言葉や英語を混ぜる方がよくいます。この本では、相手にわかりやすく話すためには「ひらがな」に変換してから話すことが必要とあります。

他にも、間を楽しむこと、話していて自分が気持ちよくなったら要注意など、忘れていた相手を思いやる心を思い出させてくれる本です。

おすすめのコミュニケーション本9位:わかりあえないことから-コミュニケーション能力とは何か

この本は、コミュニケーションの技術を学ぶ本ではありません。企業で求められる「異文化コミュニケーション」と、日本文化に根付く「空気を読むコミュニケーション」。

同時にかつ無意識に二つのコミュニケーションを求められている現代において、コミュニケーションとは何なのか?を問い詰めた本です。考え方の幅を広げられると思います。

おすすめのコミュニケーション本10位:雑談力が上がる話し方-30秒でうちとける会話のルール

この本では、雑談をあいさつにちょっとした一言を付け加える程度の会話としています。朝の挨拶のとき、エレベーターや廊下ですれ違ったとき、ふとした時にかわす言葉で、ぐっと関係が近くなる。

そんなことがあるかと思います。何を話すかよりも、無駄話って意味がある!と思える本です。

おすすめのコミュニケーション本についてまとめ

コミュニケーション本ランキング、いかがでしたでしょうか?改めて勉強する機会が少ないコミュニケーション。少し意識して勉強すると、グンと力がついて周りとの関係もすっと楽になるはずです。

どの本を読めば良いか迷っている人は、当サイトのおすすめするコミュニケーション本をぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク