この記事ではおすすめのディズニー映画をランキング形式でお届けします。 ディズニー映画は子どもだけでなく、大人も楽しめる名作がいっぱいで世界中で愛されています。

恋愛、冒険、ヒューマンドラマとジャンルも様々です。今回は数あるディズニー映画の名作を厳選してご案内いたします。

おすすめのディズニー映画TOP10!ランキング形式で紹介!

どの作品も名作揃いなので全てに1位をつけたいところですが、ここでは10作品を厳選して紹介いたします。

おすすめのディズニー映画1位:アナと雪の女王

アンデルセンの童話「雪の女王」をモチーフにした作品です。王家の姉妹の真実の愛を描いた物語です。

ノルウェーとカナダをモデルした壮大かつファンタジックで美しい氷の世界の映像と壮大な素晴らしい音楽、そして感動的なストーリーの三拍子揃った文句なしの1位です。

おすすめのディズニー映画2位:ノートルダムの鐘

15世紀のパリを舞台にした醜いけれど心美しい鐘撞き男カジモドの恋と友情などを軸にした人間ドラマです。人間の心の醜さを描くと同時に温かさ優しさも描かれています。

ユゴーの原作と違いハッピーエンドですが、ラスト感動の涙が止まりません。カジモドを見守る石像達の優しくて可愛いです。

おすすめのディズニー映画3位:アラジン

「アラジンと魔法のランプ」をアニメ化した作品です。貧しい青年アラジンのサクセスストーリーや、ジャスミン姫とのラブストーリーにファンタジー要素がバランスよく構成されています。

笑いあり、ドキドキありで何度見ても飽きない名作です。音楽も映像もロマンチックで素敵です。

おすすめのディズニー映画4位:リメンバー・ミー

メキシコの祝日「死者の日」をテーマにした作品です。死者の国で主人公ミゲルが大好きな「リメンバー・ミー」という不思議な力を秘めた曲が巻き起こす奇跡の物語です。

家族愛や人生について色々と考えさせられるます。映像も音楽も美しくユーモアたっぷりの作品ですが感涙必至な大作です。

おすすめのディズニー映画5位:ズートピア

可愛い動物キャラクターたちのコミカルな動きも注目ですが、ストーリーも綿密でしっかりと練られていて大人も子ども楽しめる映画です、ラストの伏線回収は圧巻です。

また、ところどころに散りばめられている社会風刺的なエピソードもエッセンスが効いていて面白いです。シャキーラが歌う主題歌も元気が出ます。

おすすめのディズニー映画6位:レミーのおいしいレストラン

ネズミが極上の料理を作るという奇想天外な物語ですが、ハートフルで鑑賞後は「努力は無駄にならない」など元気と勇気がもらえる映画です。また、ラタトゥイユが作りたくなります。

ネズミのレミーと新米料理人リングイニとのやりとりは、微笑ましくキャラクターの動きにも躍動感があり楽しいです。

おすすめのディズニー映画7位:美女と野獣

傲慢な性格ゆえに魔女から「誰かを心から愛し、愛されないと解けない」という呪いをかけられ、醜い野獣にされた王子と好奇心旺盛な美女ベルとの純愛物語です。

二人が徐々に心を通わせ、真実の愛にたどり着くまでの心理描写も綿密でつい感情移入してしまいます。映像も音楽もロマンチックです。

おすすめのディズニー映画8位:塔の上のラプンツェル

映像の美しさや音楽の良さに定評のあるディズニー映画の中でも、塔の上のラプンツェルは、特に美しいと思います。髪や手の質感は実写と見まごうほどです。特にランタンのシーンは圧巻です。

ラプンツェルの長い髪の毛を使ったアクションも躍動感に溢れています。

おすすめのディズニー映画9位:カールじいさんの空飛ぶ家

たくさんの風船で家が空を飛ぶというファンタスティックな物語です。幼馴染だったじいさんと妻の幼少期から妻が亡くなるまでの10分で既に涙が溢れます。

カールじいさんは冒険の中で幾多のピンチにも遭いますが、それらを乗り越えたあとのラストは「ああ!」と驚き感涙すること間違いなしです。

おすすめのディズニー映画10位:ムーラン

中国の古い物語「木蘭辞」に登場するムーランの伝説をもとにアニメ化したアドベンチャーです。ディズニーでは異例の東洋系ヒロインですが、このムーランが健気で頑張り屋で魅力的です。

欧米人好みの東洋人といった絵柄が受け入れにくいかもしれませんが、アクションありロマンスありで楽しいです。

おすすめのディズニー映画についてまとめ

ディズニー映画は世界中で愛されています。何十年前の作品も色あせず、新しい作品は映像美をさらに追求しています。休日は新旧のディズニー映画を鑑賞比較するのもおすすめします。

スポンサーリンク