この記事ではエド・シーランのおすすめの曲をランキング形式で紹介します。エドシーランは、1991年にイギリスで生まれたシンガーソングライターです。

2011年に「+」でレコードデビューを果たし、ゆっくり人気と実力を伸ばしながら、2014年、アルバム「X(マルティプライ)」ではアルバムチャート1位を記録しています。

そんなエド・シーランのおすすめの曲を厳選したので、ファンの方も、これからエド・シーランを聞いてみようと思っている人も、楽しんで読んでみて下さいね!

エド・シーランのおすすめの曲TOP10!ランキング形式で紹介!

独断と偏見を織り交ぜながらになりますが、エド・シーランのおすすめの10曲を紹介していきます。あなたの好きな曲は入っていますか?

エド・シーランのおすすめの曲1位:Thinking Out Loud

1位は最高級に甘いラブソングだと話題にもなった「Thinking Out Loud」です!2枚めのアルバム「X」に収録されている一曲で、本国イギリスをはじめとして、世界各国でチャート1位を記録した名曲でもあります。

17歳の時に知り合ったシンガーソングライター「アミー・ウェッジ」と「愛」について語り合ってできたそうです。しっかり練られて書かれたかと思いきや、わずか20分!で書かれた曲だそうです。

エド・シーランのおすすめの曲2位:Shape Of You

2位は「Shape Of You」です!少年の欲望と、エロティックな感情について書かれた曲で、若さ溢れる曲です。

エド・シーランがリリースした曲の中では最も売れた曲で、Billboardランキングでは世界44ヶ国で1を記録し、PVはなんとYouTube再生回数25億回!を記録したモンスターシングルです。

グラミー賞のポップ・ソロ・パフォーマンス部門では最優秀賞を獲得しています。

エド・シーランのおすすめの曲3位:Galway Girl 

3位には「Galway Girl 」を選びました。彼の実話を基にした曲で、アイルランドのゴールウェイ出会った女性との理想的なワンナイトラブについて書かれた曲です。

「I swear I’m going to put you in a song that I write(君のことを歌詞に書くことを約束するよ)」という部分はエドが実際に言ったセリフらしいです!

エド・シーランのおすすめの曲4位:What Do I Know

4位は「What Do I Know」です!2017年にリリースされた曲で、アルバム「÷(ディバイド)」に収録されている一曲です。

バックミュージックのギターが非常に優しく、心が落ち着くメロディーが奏でられています。「どんな時でも、ギターを片手に歌い続ける」と歌っており、彼の音楽への愛と情熱を感じることができる曲です。

エド・シーランのおすすめの曲5位:Lego House

5位は「Lego House」です。MTVのビデオミュージックアワードにノミネートされた曲ですが、このPVで主役を演じているのは、なんと「ハリー・ポッター」シリーズのロン役を演じていた「ルパート・グリント」です!

「レゴを積み上げるように、君との関係を修復していきたい」という歌詞で、なんともしんみりしてしまう一曲であります!

エド・シーランのおすすめの曲6位:You Need Me, I Don’t Need You

6位は2009年にリリースされた、「You Need Me, I Don’t Need You」でアルバム「+」に収録されている一曲です。ギターで優しいメロディを奏でる曲が多い彼ですが、この曲では何とラップに挑戦しています。

「What Do I Know」と同じように、彼の音楽に対する思いを語った歌で、まだ有名になる前に歌われているので「絶対に音楽で食っていくんだ」という熱い感情を感じることができます!

エド・シーランのおすすめの曲7位:Castle On The Hill

7位には「Castle On The Hill」を選びました。イングランドでの青春時代のことを歌った曲で、彼の子供の頃の記憶や、少年時代からの友人との思い出をたどっていくという、ノスタルジックな歌詞が特徴です。

2017年1月6蚊にリリースされ、アルバム「÷(ディバイド)」に収録されています!

エド・シーランのおすすめの曲8位:The A Team

8位は「The A Team」です。ホームシェルターで出会った、麻薬依存症の女性に向けて書かれた曲で、彼の実話を基にしています。

明るいカントリー調の曲ですが、歌われている内容は全くの真逆で、「なんとかこの薬漬け生活から抜け出したい」という壮絶な歌詞が書かれています。

タイトルの「The A Team」とはコカインやヘロインなど強力なドラッグを指す言葉として、欧米では使われています。

エド・シーランのおすすめの曲9位:Sing

9位は「Sing」です!2014年にリリースされ、アルバム「X」に収録されています。

大人気ポップシンガーである「ファレル・ウィリアムス」がプロデュースしている曲であるため、今までのエド・シーランの代名詞であるロマンチックなラブソングとは対照的で、ポップなノリノリな曲になっています。

彼に対する世間のイメージから、ちょっとはみ出してみよう!と遊び心を感じる歌です!

エド・シーランのおすすめの曲10位:Give Me Love

10位は「Give Me Love」です。失恋がテーマの曲で、葛藤や苦悩がよくこもっているため、よくある「元カノが忘れられない系」とは重みが違うように感じます。

個人の意見ばかりで申し訳ないのですが(笑)、自分は失恋系の曲を聴くと「女々しいな~、暗いな」と感じることが多いのですが、この曲だけは素直に共感できてしまいました。

エド・シーランのおすすめの曲についてまとめ

以上、エド・シーランのおすすめ曲を10曲紹介しました。かなり、偏っているかと思いますが、皆さんのお気に入りの曲がを紹介できていたら、幸いだと思います。

スポンサーリンク