この記事では星野源のおすすめの曲をランキング形式で紹介します。「星野源」は埼玉県川口市で育ち、2000年あたりからバンドを組むなど音楽活動をスタートさせました。

2011年に、CDショップ大賞を受賞するなど、徐々に名が知れる歌手となり、2016年はドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングを歌うなど、ここ最近で人気は爆発的に上がっています。

星野源のおすすめの曲TOP10!ランキング形式で紹介!

星野源のおすすめ曲をランキング形式で紹介していきます。あなたのお気に入りの曲はランキング入りしているでしょうか?

星野源のおすすめの曲1位:恋

1位はもちろん、言わずと知れた「恋」です!!冒頭でも触れましたが、人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で新垣結衣とダブルで主演を演じ、エンディングテーマも自ら歌いました。

その時の曲がこの「恋」で、「夫婦を超えてゆけ」のフレーズに代表されるように、ドラマのイメージに非常にマッチした曲でした。

星野源のおすすめの曲2位:ドラえもん

2位は「ドラえもん」!!2018年にリリースされた曲で、内容はもちろん人気アニメの「ドラえもん」について歌った曲です。

映画「ドラえもん のび太の宝島」の初代かとして書き下されて曲で、「普通の人間だって大きな未来を作れる」というのが曲全体を通してのテーマです。

子供はもちろん、全ての世代の人が楽しめる曲になっていると思います!

星野源のおすすめの曲3位:Sun

3位は「Sun」で、2015年の5月にリリースした曲です。ドラマ「心がポキっとね」の主題歌として作られた曲で、ドラマの台本を読んでからイメージした曲だそうで、非常にドラマの内容とマッチします!

「とにかく明るい曲を作りたい」という思いも込められているそうで、その場で踊り出したくなるようなポップなメロディになっています。

星野源のおすすめの曲4位:アイデア

4位は「アイデア」。これも2018年にリリースされ、一年で最も優れたミュージックビデオを表彰する「MTV VMAJ 2018」で全部門で最優秀作品に選ばれた大人気曲です。

ドラマ「半分、青い。」の主題歌として作られており、主人公である「楡野鈴愛」のイメージにピッタリハマる曲になっています!

星野源のおすすめの曲5位:Family Song

5位は「Family Song」です。ドラマ「過保護のカホコ」の主題歌として使われた人気曲です。

ミュージックビデオを見てもらうとわかりますが、家具から何から全てが、ピンク色に包まれおり、このビデオのコンセプトは「サザエさん」だと本人は語っています。

歌詞は「ただ家族の幸せを願う」という内容になっており、聴くとしんみりと幸せな気分になれる曲です!

星野源のおすすめの曲6位:

6位は「Drinking Dance」です!ドラマや映画の主題歌を担当することが多い星野源ですが、この曲はドラマではなく「ウコンの力」のCMに使われた曲です。

ウコンの力のCMを飾るだけあって、「お酒を飲んで踊ろう!」というのがこの曲のテーマとなっており、非常に明るくポップです。

本人のミュージックビデオがなかったので、検索した際トップに出てきたビデオを載せています。

星野源のおすすめの曲7位:くだらないの中に

7位は「くだらないの中に」です!2011年にリリースされた曲で、アルバム「エピソード」に収録されており、星野源自身としては初のソロシングルであり、記念すべき一曲でもあります。

本人によると、初めて正面から書いたラブソングだそうで、「愛してる」を言わずにそういう気持ちを伝えられたらな、という思いで書かれた、心が温まる曲になっています。

星野源のおすすめの曲8位:Crazy Crazy

8位は「Crazy Crazy」です!「踊れる」曲や「明るい」曲を次々に作り出している星野源ですが、この曲もそういった類の曲で、非常にノリノリな曲になっています。

1960年代に活躍したバンド「クレージー・キャッツ」の大ファンだったことから、彼らのこと(名前?)が歌詞の中に隠されているそうです。

星野源のおすすめの曲9位:くせのうた

9位は「くせのうた」です。アルバム「ばかのうた」に収録されている、2010年にリリースされた曲です。

「君のくせを知りたいがひかれそうで悩むのだ」とあるのですが、あえてひらがなで書くことで「引かれる」、「惹かれる」の二つの意味を持たせていると言われています。

また、そのほかにも好きな人に対して歌ったのか、それとも周りの人との人間関係について歌ったのかもはっきりと断言できない考えさせられる一曲となっています。

星野源が有名になる前に作られた歌ですが、ぜひ皆さんに聞いてもらいたくランキング入りさせました!

星野源のおすすめの曲10位:知らない

10位は「知らない」で、2012年11月28日にリリースされた4枚目のシングルで、くせのうた同様初期の頃に作られた歌です。

二度と逢えなくても想いはずっと残っている。死別してしまった「君」に対して、自分は何ができるんだろうか。そんな意味が込められている曲に感じます。

「さよならはまだ言わないで 物語続く 絶望の側で」というサビの歌詞からは、君を失っても絶望とともに自分の人生は続いていくことを表しており、胸が締め付けられる曲です。

星野源のおすすめの曲についてまとめ

新しい曲はポップな曲調のものも多いですが、星野源の魅力は明るい曲だけでなく、しんみりとするバラードにもあるのです。星野源の今まで知らなかった魅力をここで知っていただければ幸いです!