おすすめの味噌をランキング形式で紹介します。スーパーでも買える無添加味噌で、食卓に健康をプラスしましょう。

まずは味噌の選び方について、知っておきたい3つのポイントをお伝えしていきますね!

美味しいだけじゃだめ?味噌の選び方3つのポイント!

味噌を選ぶ際の3つのポイントを紹介します!スーパーや通販で買い物をする際に参考にしてみて下さい!

味噌の選び方ポイント①:無添加の味噌を選ぶ!

健康的な食卓を作るためには、添加物の少ない味噌を選ぶことが一番大切。体に良いと思っていた味噌が添加物まみれだったら悲惨ですからね。無添加の味噌を選ぶようにしましょう!

味噌の選び方ポイント②:原料にこだわっている味噌を選ぶ!

原料となる大豆や麹にもこだわっている味噌を選ぶようにしましょう。作り方も大切ではありますが、原料へのこだわりによって風味や栄養素は大きく変わりますからね!

味噌の選び方ポイント③:目的に合った味噌を選ぶ!

味噌の種類によって美味しい食べ方は変わります。味噌汁に向いている味噌もあれば、そのまま食べるのが美味しい味噌も。目的に合った味噌を選ぶように心がけましょう!

スーパーでも買える!おすすめの味噌ランキング10選!

スーパーでも買えるおすすめの味噌をランキング形式で紹介します!私のおすすめする味噌を選んで、健康的な食事を目指しましょう!

おすすめの味噌位1位:マルコメプラス糀 贅沢に糀を使った甘みと深い旨みの生糀みそ無添加

内容量 650g/325g
原材料 米、大豆(遺伝子組換えでない)、食塩
アレルギー物質 大豆
栄養成分表示(100gあたり) エネルギー:210kcal、たんぱく質:8.4g、脂質:4.0g、炭水化物:35.1g、ナトリウム:4.6g、食塩相当量:11.7g

大豆に対する麹歩合が24で、やさしい甘みを感じるマルコメプラス糀贅沢に糀を使った深い旨みの生糀みそ無添加。

糀の粒が残った淡色系の粒味噌で、安心の国産米100%を使用しています。商品名の通り贅沢に糀を使用しているので、甘みがありしっかりと旨みも感じられます。

野菜をたっぷり入れた味噌汁や、甘みを生かした蒸し焼きなどに使用するのがおすすめです。

おすすめの味噌位2位:丸の内タニタ食堂の減塩みそ

内容量 650g/325g
原材料 米、大豆(遺伝子組換えでない)、食塩
アレルギー物質 大豆
栄養成分表示(100gあたり) エネルギー:216kcal、たんぱく質:8.6g、脂質:4.3g、炭水化物:35.6g、ナトリウム:3.5g、食塩相当量:8.9g

タニタ食堂でも実際に使用している、丸の内タニタ食堂の減塩みそ。麹歩合が20と高いので、甘みとコクのある味わいになっています。

塩分が20%カットされていますが、減塩というのをあまり感じさせないくらい、しっかりと旨みがある味噌です。

ダシ無し、無添加の粒味噌なので、家族に安心して使えます。具そのものの味が引き立つ味噌なので、ディップにしても美味しいですよ。

おすすめの味噌位3位:マルコメ 料亭の味 無添加 減塩

内容量 750g/375g
原材料 米、大豆(遺伝子組換えでない)、食塩
アレルギー物質 大豆
栄養成分表示(100gあたり) エネルギー:215kcal、たんぱく質:10.6g、脂質:6.0g、炭水化物:29.7g、食塩相当量:8.9g

1982年に業界に先駆けて商品化されたダシ入り味噌のベストセラーの減塩タイプである、料亭の味 無添加 減塩。鰹と昆布のダシがきいているので、減塩でも物足りなさを感じさせません。

ダシ入りなので手軽で便利なので、炒め物やゴマ味噌和えなどどんな料理にも合って使いやすいです。特に忙しい朝の味噌汁作りには、時短になるのでおすすめですよ!

おすすめの味噌位4位:ひかり味噌 こだわってます

内容量 750g/500g
原材料 有機大豆(遺伝子組換えでない)、有機米、食塩
アレルギー物質 大豆
栄養成分表示(100gあたり) エネルギー:208kcal、たんぱく質:10.0g、脂質:5.6g、炭水化物:29.4g、ナトリウム:4.6g、食塩相当量:11.7g

安全の重要性と自然なおいしさをコンセプトにつくられたロングセラーの有機JAS認証味噌である、ひかり味噌。

農薬や化学肥料を2年以上使用しない農地で育まれた、JAS認証の有機栽培大豆と有機栽培米を原料に使用しています。

甘すぎず辛すぎず、じっくりと熟成させた味噌本来のおいしさを味わえる、赤系のこうじみそです。

おすすめの味噌位5位:マルコメ京懐石

内容量 650g/325g
原材料 大豆(遺伝子組換えでない)、米、食塩、かつお節粉末、宗田かつお節粉末、かつお節エキス、たん白加水分解物、昆布エキス、調味料(アミノ酸等)、酒精
アレルギー物質 大豆
栄養成分表示(100gあたり) エネルギー:194kcal、たんぱく質:12.1g、脂質:5.4g、炭水化物:24.3g、ナトリウム:5.0g、食塩相当量:12.7g

高級感漂うゴールドのパッケージの、マルコメ京懐石。じっくりと熟成させた風味豊かな信州赤系味噌に、焼津のかつおと北海道の昆布のダシをブレンドしています。

塩分が11.7%なので、どんな具材とも相性がよいですよ。まったりとした京都らしい上品で濃厚な味わいで、味噌そのものの味を楽しんでもらいたい味噌です。

おにぎりの具材としてや、味噌漬けとして食べるのがおすすめです。

おすすめの味噌位6位:山内本店 無添加まぼろしの味噌米麦合わせ

内容量 500g
原材料 大豆(遺伝子組み換えでない)、大麦、米、食塩
アレルギー物質 大豆
栄養成分表示(100gあたり) エネルギー:190kcal、炭水化物:30.5g、たんぱく質:8.9g、ナトリウム:4.1g、脂質:4.5g、食塩分:10.3g、水分:42.9%、灰分:13.2g、糖質:28.5g

全て九州産の原料にこだわって香料や保存料などの添加物を一切使用せず作りあげた、山内本店 無添加まぼろしの味噌米麦合わせ。

米のやさしい甘みと、麦独特の香ばしさを楽しめる、まろやかな風味の味噌です。塩は10%と控えめになっているので、塩分を気にしている方にも安心して食べていただけます。

ほっとする味わいなので、味噌汁はもちろん生野菜と食べるのがおすすめです。

おすすめの味噌位7位:日本海味噌油 雪ちゃんの日本海こうじみそ

内容量 1kg/500g
原材料 米、大豆、食塩、酒精
アレルギー物質 大豆
栄養成分表示(15gあたり) エネルギー:28kcal、たんぱく質:1.4g、脂質:0.7g、炭水化物:4.1g、ナトリウム:690mg

可愛らしいレトロなパッケージが印象的な、日本海味噌油 雪ちゃん日本海こうじみそ。品質にこだわった国産米と、皮をむいた白目大豆100%を使用しています。

味噌汁にすると、浮きこうじが花を咲かせたように彩りますよ。こうじの存在感がしっかりとあって、やさしい甘みのあるまろやかな味わいになっています。白味噌が好きな方に、おすすめしたい味噌です。

おすすめの味噌位8位:蔵元玉井 信州筑北村醸造 匠

内容量 500g
原材料 大豆(遺伝子組換えでない)、米、食塩
アレルギー物質 大豆
栄養成分表示(15gあたり) エネルギー:202kcal、たんぱく質:11.5g、脂質:4.8g、炭水化物:28.3g、食塩相当量:12.4g

国産大豆のリュウホウと国産米コシヒカリ、国産塩と原料にこだわっている、蔵元玉井 信州筑北村醸造 匠。低温でじっくり熟成して、香り豊かなマイルドな味わいになっていますよ。

麹歩合10と高くなっていて、天地返しを2度行うことで味噌に甘みを残しつつ、香り高く仕上げられています。

蔵元玉井の味噌は、帝国ホテルのなだ万でも使用されていているくらい美味しく信頼のある味噌なので、新しく味噌を探してる方におすすめです。

おすすめの味噌位9位:信州味噌 大寒仕込み無添加山吹味噌

内容量 500g
原材料 大豆、米、食塩
アレルギー物質 大豆
栄養成分表示(16gあたり) エネルギー:31.3kcal、たん白質:1.7g、脂質:0.8g、炭水化物:4.3g、ナトリウム:800mg、食塩:2g

伝統を受け継いで1年のうちで空気中に最も雑菌が少ないとされた大寒の時期に仕込み、約1年半寝かせた長期熟成させた信州味噌 大寒仕込み無添加山吹味噌。

希少な限定大豆である、自眉を使用していて素材にもこだわりを感じます。上品さの中に、力強さも感じるパンチのある奥深い味わいですよ。味噌汁にすると、豊かな香りが食欲をそそります。

おすすめの味噌位10位:西京味噌 西京白みそ匠

内容量 500g
原材料 米、大豆、食塩、水飴、酒精
アレルギー物質 大豆
栄養成分表示(100gあたり) エネルギー:243Kcal、たんぱく質:7.0g、脂質:3.9g、炭水化物:45.0g、ナトリウム:1.9g、食塩相当量:4.9g

華やかな女性好みのパッケージが印象的な、西京味噌 西京白みそ匠。国産米、国産豆、赤穂の塩を丹念に仕込んでいます。

塩分濃度が約5%と低めなので、ダイエット中の方も安心して食べられます。まろやかな口当たりと、きめ細やかな上品な甘さが特徴です。

西京味噌をみりんで伸ばして、魚を漬け込んだ西京焼きにして食べるのが特におすすめです。魚の旨みも引き立って、贅沢な気分を味わえますよ。

おすすめの味噌についてまとめ

スーパーでも買えるおすすめの味噌をランキング形式で紹介しました。この記事を参考に家庭にあった味噌を選んで、食卓に味わいを加えましょう!