この記事では、妊婦におすすめの食べ物を紹介しています。便秘の解消や血糖値の抑制、貧血予防など気をつけなければいけない事も多い妊婦さん。

元気な子供を産むためにも、しっかり食べることが大切です!この記事で紹介している食べ物を中心に、バランス良く栄養を摂取しましょう!

※当記事は編集部の体験に基づいてピックアップしたおすすめの食べ物です。摂取する食べ物に関してはあくまで自己責任でお願いします。

妊婦におすすめの食べ物TOP10!ランキング形式で紹介!

妊婦におすすめの食べ物をランキング形式で紹介します。なお、妊娠初期と妊娠後期でおすすめの食べ物は変わりますし、一つの食材だけを摂取すれば良いという意味ではありません。

こちらで紹介している食べ物を中心に、バランス良く栄養を摂取して下さいね!

妊婦におすすめの食べ物1位:ほうれん草

妊娠中に必要な栄養素が他の野菜に比べて豊富に含まれている、ほうれん草。胎児の脳や神経をつくるのに欠かせない葉酸が豊富に含まれています。

また貧血を防止する鉄分やカルシウムも多く含まれています。ほうれん草はおひたしにしたり、炒め物やスープなどにしたりと調理方法も色々あるので、毎日楽しみながら食べられるのも魅力的ですよ。

妊娠中、そして産後にも積極的に食べてほしい食べ物です。

妊婦におすすめの食べ物2位:切り干し大根

乾燥させることで、カルシウム33倍・鉄分49倍・食物繊維16倍・カリウム14倍と増える切り干し大根。

特に食物繊維がごぼうの3倍以上あり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく含まれているので、便秘の解消に効果的です。

消化酵素のジアスターゼやアミラーゼが、食物の消化を促し栄養を取り込みやすくしてくれるので妊娠中に起こしやすい胃もたれも防いでくれます。

毎日食べても悪影響はありませんが、3日に1度くらい食べるのがおすすめですよ。

妊婦におすすめの食べ物3位:ドライいちじく

食物繊維やミネラルが豊富に含まれているドライいちじく。女性ホルモンのバランスを整えてくれる植物性エストロゲンや、吐き気を緩和してくれるビタミンB6なども含まれています。

生のいちじくの独特の食感が苦手という方でも、乾燥させたものは甘みも凝縮されているし食べやすいですよ。便秘や貧血、さらには母乳の出も良くしてくれるので、妊娠初期から産後までおすすめです。

妊婦におすすめの食べ物4位:モロヘイヤ

カルシウムが野菜の中ではトップクラスで、ほうれん草の9倍も含んでいるモロヘイヤ。ほかにも、ビタミンC・葉酸・食物繊維・鉄分も豊富に含んでいます。

独特のヌメリがあるので好き嫌いはありますが、妊婦さんには積極的に食べてもらいたい野菜です。和え物としてはもちろん、スープにして食べることで、水に溶け出した葉酸も余すことなく摂取できるので特におすすめですよ。

妊婦におすすめの食べ物5位:雑穀米

ビタミン・ミネラル・カルシウム・鉄分・葉酸など栄養素が豊富に含まれている雑穀米。食欲がないときや、吐き気があるときなど量を食べられないときでも効率よく栄養補給できます。

モチモチと食感なので白米よりも噛むので、食べごたえがあり満腹感も得られやすいです。体重管理の必要な妊婦さんにも、赤ちゃんへの栄養にも、両方にメリットがあります。

おにぎりにして作り置きしておいて、小腹が空いたら食べるのがおすすめです。

妊婦におすすめの食べ物6位:ドライアプリコット

体を温める効果があるドライアプリコット。お腹が大きくなってくると、血行が悪くなって冷えやすくなるので特に妊娠後期におすすめです。

利尿作用のあるカリウムも豊富に含んでいるので、むくみ解消のためにもおすすめしたい食べ物です。程よい酸味と甘みがあり、ドライフルーツの中でも食べやすいですよ。

妊婦におすすめの食べ物7位:鮭

米商品医薬品局で明言されていて、妊娠中に積極的に食べることが勧められている鮭。水銀の含有率が少ないので安心して食べることができます。

また、子供が言うことを聞かないなどの神経発達症であるADHDの発症率を抑える効果もあります。

ビタミンEの1000倍もの強い抗酸化作用のあるアスタキサンチンも含まれているので、嬉しい美肌効果もあります。毎日朝食は焼き鮭で決まりですね。

妊婦におすすめの食べ物8位:納豆

女性ホルモンによく似た効果のあるイソフラボンが豊富に含まれている納豆。女性ホルモンの増加が必要な妊婦さんには欠かせない栄養素です。

さらに血液をサラサラにしたり、血圧を下げる効果もあります。妊娠後期の妊婦さんに特におすすめで、妊娠高血圧症候群の予防改善に効果が期待できます。

1日1パック食べるのがおすすめです。保存食として常備できるのも嬉しいですね。

妊婦におすすめの食べ物9位:枝豆

100g中に葉酸が260μg含まれている枝豆。野菜の中でも葉酸の含有率は1番高いんです。枝豆を100g食べれば、妊婦さんが1日に必要な葉酸の半分を摂取することができます。

枝豆に含まれるたんぱく質は、100gに12g。豚肉で13gなので、お肉と同じくらいの量のたんぱくを取ることができます。いつもの食事に、枝豆を30粒加えると栄養素が補われると言われています。

妊娠中の間食としてもおすすめですよ。

妊婦におすすめの食べ物10位:鶏ささみ

高栄養で低カロリー、さらにたんぱく質が非常に多く、肉類の中でも断然トップの鶏ささみ。妊娠中に、お肉の油で気分が悪くなったという人でも、ささみなら食べやすいですよ。

茹でてポン酢やソースをかけて食べたり、細く裂いてサラダに混ぜるのがおすすめです。ささみに含まれているトリプトファンは安心感や幸福感をもたらしてくれるので、睡眠の質を高めてくれるでしょう。

妊婦におすすめ食べ物についてまとめ

妊婦におすすめの食べ物を紹介しました。妊娠初期~妊娠後期はもちろん、出産後もどんなものを食べるべきなのかしっかり考えるのが母親の努めです。

この記事を参考にバランス良く栄養を摂取して、貧血や便秘を予防しましょう!

スポンサーリンク