この記事では奥田民生のおすすめの曲をランキング形式でお届けします。奥田民生は飄々としたスタンスで音楽を作り続けています。

その独自のスタイルやリラックスした佇まいは多くのミュージシャンからリスペクトされています。

奥田民生はユニコーンからソロに至るまで、数多くの名曲を残していますが、今回はソロにのみ焦点を当てて、独断と偏見に基づいてランキングを作成しました。

奥田民生のおすすめの曲TOP10!ランキング形式で紹介!

長年のファンの独断と偏見に基づいた奥田民生のおすすめ曲ランキングの発表です!あなたの好きな曲は何位に入っているかチェックしてみて下さいね!

奥田民生のおすすめの曲1位:イージュー☆ライダー

1996年発表のシングル曲です。シングルバージョンはベスト盤『記念ライダー2号~オクダタミオシングルコレクション~』に収録されています。アルバム『股旅』に別バージョンが収録されています。

当時30歳を超えたばかりの奥田民生が、自分の青春とこれからの人生を歌ったような曲になっています。聞いた人も自分の青春を重ね合わせて盛り上がり感動する曲だと思います。

奥田民生さん『イージュー★ライダー』の歌詞

奥田民生のおすすめの曲2位:さすらい

1998年に発表されたシングル曲です。アルバム『股旅』に収録されています。今でもライブのハイライトとして演奏されることも多く、奥田民生の代表曲としてファンに愛されています。

奥田民生の曲には車や旅といったテーマの曲がたくさんありますが、その代表がこの「さすらい」だと思います。

奥田民生さん『さすらい』の歌詞

奥田民生のおすすめの曲3位:マシマロ

2000年発表のシングル曲です。アルバム『GOLDBLEND』に収録されています。サントリーのCMソングに起用され、オリコンチャート4位を記録するヒットになりました。

「マシマロ」というタイトルを先に決めてから作ったため、タイトルと歌詞の内容が全く関係なくなってしまったそうです。

そのことを曲の最後で「マシマロは関係ない 本文と関係ない」と歌ってしまうところが奥田民生の魅力だと思います。

奥田民生さん『マシマロ』の歌詞

奥田民生のおすすめの曲4位:CUSTOM

2001年発表のシングル曲です。シングルとは別バージョンですがアルバム『E』に収録されています。シングルバージョンはベスト盤『記念ライダー2号~オクダタミオシングルコレクション~』に収録されています。

奥田民生の曲はユーモアとウィットに富んでいて、メッセージ性の強い曲は決して多くありません。

その中でもこの「CUSTOM」は、奥田民生というアーティストがなぜ曲を書いて歌うのかという本質に向き合った内容になっています。奥田民生というアーティストを理解するうえでは避けては通れない一曲だと思います。

奥田民生さん『CUSTOM』の歌詞

奥田民生のおすすめの曲5位:愛のために

1994年発表の、記念すべきソロデビューシングルです。アルバム『29』に収録されています。ユニコーンが一旦解散した後、その動向が注目されていたこともあってこの曲は大ヒットしました。

奥田民生にとって、ユニコーン時代から数えても初めてのミリオンヒットとなったのです。今の奥田民生の曲は言葉もメロディーもシンプルな印象がありますが、この曲はいろいろなアイディアが詰まっています。

奥田民生自身も「3曲分ぐらいのアイデアが入っていて、今ではあんなもったいない曲の作り方はしない」と語っています。

奥田民生さん『愛のために』の歌詞

奥田民生のおすすめの曲6位:風は西から

2013年発表のシングル曲です。アルバム『O.T. Come Home』に収録されています。このアルバムは奥田民生が全ての楽器を演奏し、たった一人で作り上げたアルバムです。

ユニコーンでも、奥田民生は曲によってベースやドラムを演奏することがありますが、すごいマルチプレイヤーだと思います。この曲は奥田民生の地元・広島県の企業であるマツダのCMソングに起用されました。

自動車メーカーのCMソングだけに、疾走感と爽快感にあふれた明るい曲です。

奥田民生さん『風は西から』の歌詞

奥田民生のおすすめの曲7位:息子

1995年リリースのシングルで、アルバム『29』に収録されています。アコースティックギターの弾き語りから始まり、クライマックスに向けてどんどんテンションが高まっていく演奏がたまりません。

父親が息子に向かって人生を諭しているような内容の歌詞ですが、どんどんそこから外れていく展開もユニークです。

奥田民生さん『息子』の歌詞

奥田民生のおすすめの曲8位:何と言う

2004年発表のシングル曲で、アルバム『LION』に収録されています。奥田民生の曲には直接的に恋愛のことを歌ったラブソングはあまりありません。

この曲はその中でも珍しく、ラブソングと言ってもおかしくない歌詞の曲です。でも照れかくしなのか、はっきりと好きと言わないところがとても奥田民生っぽいです。

奥田民生さん『何と言う』の歌詞

奥田民生のおすすめの曲9位:エンジン

2017年発表のシングル曲で、アルバム『サボテンミュージアム』に収録されています。ディズニー/ピクサー製作の映画「カーズ クロスロード」のエンディング曲に起用されました。

奥田民生には車をテーマにした曲も多いのですが、この曲はその最新版と言えるかもしれません。車を運転して旅をすることが人生そのものに重ね合わされていく気がします。

奥田民生さん『エンジン』の歌詞

奥田民生のおすすめの曲10位:最強のこれから

2010年に発表されたアルバム『OTRL』に収録されている曲で、後にシングルカットされました。この前に奥田民生は「ひとりカンタビレ」というライブツアーを行いました。

これは、奥田民生が一人ですべての楽器を演奏し、観客の前で新曲をライブレコーディングするという画期的なツアーでした。「最強のこれから」はそのツアーでレコーディングされた曲の一つです。

ちょうどユニコーンを再結成した後で、ソロもこれからどんどんやっていくぞという奥田民生の気合いが現れた曲だと思います。

奥田民生さん『最強のこれから』の歌詞

奥田民生のおすすめの曲についてまとめ

奥田民生のおすすめ曲10曲をご紹介しました。ふざけているお気楽さとシリアスさが同居しているのが民生の魅力だと思います。ここにあげた曲以外にも名曲がたくさんあります。ぜひ、聞いてみてください。

スポンサーリンク