この記事ではオリジナルラブのおすすめの曲をランキング形式で紹介します。1986年に結成されたオリジナルラブ。

バンドのメンバーの増減を経て今は田島貴男のみで活動していますが、今もなおキラキラと輝く名曲たち。

わたくしの独断で、数あるオリジナルラブの名曲の中から10曲を紹介させて頂きます!

オリジナルラブの名曲10選!おすすめの曲ランキング!

オリジナルラブの名曲をランキング形式で紹介します!誰にでもおすすめできる曲ばかりですよ!

オリジナルラブの名曲1位:接吻

オリジナルラブ名曲第1位は間違いなく接吻でした。誰がなんと言おうとこの曲のもつフィーリングは30年近く時間が経過しても、全く色あせることなく常の心のどこかに突き刺さっています。

青年から大人の男に脱皮するというか、自分自身が成長する恋を本当格好良く歌ってくれています。長く甘い口づけを交わそう夜がすべてを忘れさせる前に…。

ORIGINAL LOVEさん『接吻』の歌詞

オリジナルラブの名曲2位:朝日のあたる道

オリジナルラブシングル6作目。春らしい心がウキウキするようなポップな感じに仕上がっています。

田島貴男自身も会心な真正面なラブソングを作ることが出来たという通り、この瞬間を好きでいるという歌詞に皆さんは共感できたのだと思います。そして、ほんのちょっぴり哀愁を漂わせる感じは流石です。

ORIGINAL LOVEさん『朝日のあたる道』の歌詞

オリジナルラブの名曲3位:夜をぶっとばせ

田島貴男は一時期ピチカートファイブのボーカルをしていた時があります。その時の関係で作詞は、小西康陽が行っています。

疾走感がある曲調になっており、そこに田島の声が絡む絶妙なグルーブ感はたまりません。高速になるときにこの曲を聴くと非常にテンションが上がります。

ORIGINAL LOVEさん『夜をぶっとばせ』の歌詞

オリジナルラブの名曲4位:MILLION SECRETS OF JAZZ

様々な音楽をバックボーンに持つオリジナルラブですが、この曲は曲名通りJAZZを全面的に演出しています。

この曲のリミックスをしたU,F,OというDJユニットも当時渋谷、青山界隈で非常に人気がありいわゆる渋谷系として当時の音楽シーンを席巻していました。楽曲的にもとてもクールに仕上がっています。

ORIGINAL LOVEさん『MILLION SECRETS OF JAZZ』の歌詞

オリジナルラブの名曲5位:The Rover

オリジナルラブ4作目のアルバムから。ソウル色を強く前面に出した感じで作られたそうですが、結構ファンク色も強めなグルービーを感じます。

そして、煙たいスモーキーな感じも出ています。珍しくブラックに仕上がっています。そして、このアルバムのジャケットがかっこよく当時オリジナルラブと知らずジャケ買いをした記憶があります。

ORIGINAL LOVE『The Rover』の歌詞

オリジナルラブの名曲6位:プライマル

オリジナルラブシングル8作目。永遠の愛を語り合う愛する二人の歌です。本当にお互いの愛が永遠に続くとその時は思っているんです。

でも、なにかのきっかけでその愛は終わりを迎えてしまいます。それでも、確かに二人が愛したその時間は永遠に残ります。

ひとつの恋に終わりを迎えつらいのだけれど、でもいい恋だったなと未練にも振り返ったときにこの曲を聴くと胸がきゅんとしめつけられます。

ORIGINAL LOVEさん『プライマル』の歌詞

オリジナルラブの名曲7位:夢を見る人

オリジナルラブシングル7作目。バンド形式ではこれが最後となりました。皆が再出発するかのような心機一転とした雰囲気をもった歌詞とグルーブ。

この曲からオリジナルラブは新しい方向性を探索していきます。夜明け・ホーム・生まれた場所から・旅立とう・bound forなど新しいページをめくるための言葉が多く出てきます。夢を見続けるためにいい歌詞です。

ORIGINAL LOVEさん『夢を見る人』の歌詞

オリジナルラブの名曲8位:月の裏で会いましょう

オリジナルラブシングル2作目。「banana chips love」というフジテレビのオールニューヨークロケで行われていた深夜ドラマのテーマ曲として採用。

このドラマのファッション性、サブカル性は当時のお洒落キッズたちは虜になりました。オリジナルラブ自体も当時非常にスタイリッシュで、格好をまねている人も多くみられました。

ORIGINAL LOVEさん『月の裏で会いましょう』の歌詞

オリジナルラブの名曲9位:サンシャインロマンス

ビーナスの次になるシングル4作目のシングルはサンシャインロマンスでした。

夏の海辺を駆け抜けるような爽やかな楽曲に仕上がっており、こちらも作詞は木原龍太郎で、恋する二人のひと夏の恋物語が歌われています。

ビートが安定しているためカラオケでも非常に歌いやすい曲になっており、オリジナルラブファンは好んで熱唱する曲の1つです。

ORIGINAL LOVEさん『サンシャイン ロマンス』の歌詞

オリジナルラブ名曲10位:ヴィーナス

オリジナルラブ3作目のシングル。当時渋谷系としてある一定ののステータスを得た頃の勢いがある演奏を見せる名曲の一つ。

このころバンドのメンバーであるキーボードの木原龍太郎のが作詞。木原が作るメロディーも当時オリジナルラブファンにはたまらないものでした。

ORIGINAL LOVEさん『ヴィーナス』の歌詞

オリジナルラブ名曲のまとめ

田島貴男のみで構成されるようになった現在のオリジナルラブ。昔は、木原龍太郎などのメンバーにより今と違ったフィーリングをもっています。

それでも、やはり田島貴男のもつセンスと音楽観は常に新鮮であり続けています。