この記事ではスピッツのおすすめの曲をランキング形式でお届けします。スピッツは30年以上、一度のメンバーチェンジもなく活動し続けてきたロック界のレジェンドです。

幅広い世代にファンを持つスピッツは名曲の宝庫。長年のファンの視点から独断と偏見に基づいてランキングを作成しました。

スピッツのおすすめの曲ランキング

独断と偏見に基づいたスピッツのおすすめ曲ランキングの発表です!あなたのお気に入りの曲はランキングに入っていますか?

スピッツのおすすめの曲1位:ロビンソン

1995年4月にリリースされた11枚目のシングルです。スピッツにとって初のオリコンチャートトップ10ヒットで、150万枚を超えるセールスを記録した大ヒット曲です。

「ロビンソン」や「涙がキラリ☆」などを収録したアルバム『ハチミツ』も大ヒットを記録し、 一躍スピッツは人気バンドとなったのです。世代を超えて愛される名曲と言えるでしょう。

スピッツさん『ロビンソン』の歌詞

スピッツのおすすめの曲2位:チェリー

1996年4月にリリースされた13枚目のシングルです。 アルバム『インディゴ地平線』に収録されています。シンプルなメロディーとコード進行で、何度聞いても飽きることのない名曲です。

色褪せない、エバーグリーンな魅力を持った曲で、多くのアーティストにもカバーされています。

スピッツさん『チェリー』の歌詞

スピッツのおすすめの曲3位:空も飛べるはず

1994年4月にリリースされた8枚目のシングルです。 アルバム『空の飛び方』に収録されています。

発売当初はあまりヒットしませんでしたが、ブレイク後の1996年にドラマ「白線流し」の主題歌に起用され大ヒットとなりました。今では卒業式にも多く使われる青春ソングの代表となっています。

スピッツさん『空も飛べるはず』の歌詞

スピッツのおすすめの曲4位:ヒバリのこころ

1991年3月にリリースされた、記念すべきメジャーデビューシングルです。インディーズ時代からのレパートリーで、アルバム『スピッツ』に収録されています。

初期スピッツのみずみずしい魅力にあふれたいて、今もファンの人気が非常に高い曲です。

スピッツさん『ヒバリのこころ』の歌詞

スピッツのおすすめの曲5位:春の歌

30枚目のシングルとして、2005年4月にリリースされました。 アルバム『スーベニア』に収録されています。 アクエリアス」のCMソングとして起用され、ヒットしました。

春の訪れを祝福するような伸びやかなメロディーが印象的です。

スピッツさん『春の歌』の歌詞

スピッツのおすすめの曲6位:楓

19枚目のシングルとして、1998年7月にリリースされました。 アルバム『フェイクファー』に収録されています。スピッツのバラードには名曲が多いですが、この「楓」はその中でも屈指の名曲だと思います。

切ない別れの情景が美しく描かれる、「泣き」の名曲です。

スピッツさん『楓』の歌詞

スピッツのおすすめの曲7位:君が思い出になる前に

1993年10月にリリースされた、7枚目のシングルです。 アルバム『Crispy!』に収録されています。初めてオリコンチャート入りを果たしたシングルで、この曲で初の「ミュージックステーション」出演も果たしました。

ブレイク後にCMソングに起用され、リバイバル的にヒットしています。青春の淡い恋愛を歌った歌詞が胸に沁みます。

スピッツさん『君が思い出になる前に』の歌詞

スピッツのおすすめの曲8位:スパイダー

アルバム『空の飛び方』からのリカットシングルとして、1994年10月にリリースされました。疾走感のあるギターポップで、初期スピッツの魅力が詰まったような曲です。今もファンの人気が高い曲です。

スピッツさん『スパイダー』の歌詞

スピッツのおすすめの曲9位:渚

1996年9月にリリースされた、14枚目のシングルです。キーボードの音から始まる意外なイントロですが、曲自体はスピッツそのものです。

この曲でスピッツは初めてオリコンシングルチャート1位に輝きました。

スピッツさん『渚』の歌詞

スピッツのおすすめの曲10位:8823

2000年にリリースされた9thアルバム『ハヤブサ』のタイトル曲です。「8823」で「ハヤブサ」と読みます。シングルではないですがライブではほぼ必ず演奏される人気曲です。

ライブではこの曲でのベース・田村明浩の暴れっぷりにも注目です。

スピッツさん『8823』の歌詞

スピッツのおすすめの曲についてまとめ

スピッツのおすすめ曲10曲をご紹介しました。 人によって思い入れのある曲はそれぞれだと思います。 ここにあげた曲以外にも名曲や重要な曲はたくさんあります。ぜひ、聞いてみてください。

スポンサーリンク