この記事ではザ・ウィークエンドのおすすめの曲をランキング形式で紹介します。

「ザ・ウィークエンド(The Weekend)」は2011年から音楽活動を始め、2015年にリリースしたアルバム「Beauty Behind the Madness」でグラミー賞を受賞したことを皮切りに、世界中で人気が急上昇しているR&Bシンガーです。

2018年12月に日本でもライブを開催することが決定しており、日本での知名度も上昇中です!

ザ・ウィークエンドのおすすめの曲TOP10!ランキング形式で紹介!

ここでは、人気急上昇中の「The Weekend」のオススメ曲をランキング形式で紹介していきます。あなたのお気に入りの曲は入ってますか?

ザ・ウィークエンドのおすすめの曲1位:Sidewalks

1位は「Sidewalks」です!2016年にリリースされており、アルバム「Starboy」に収録されている一曲です。

「Sidewalks」とは「歩道」を意味しており、彼が成功するまでに経験してきた、トラブルや苦しい生活を歩道に例えているようです。

大物ラッパー「ケンドリック・ラマー」と共演しており、最後の方のラップのパートは痺れること間違いないでしょう!

ザ・ウィークエンドのおすすめの曲2位:Often

2位は「Often」です!2014年の7月31日にリリースされたトラックで、冒頭でも紹介した、グラミー賞受賞作である「Beauty Behind the Madness」に収録されています。

ゆったりとした暗めなメロディに彼の甘い歌声がぴったりフィットしており、「The Weekend」らしい深みのある曲に仕上がっています。

歌手の間でも人気の曲のようで、音楽プロデューサー「Kygo」もこの曲をリミックスしています。

ザ・ウィークエンドのおすすめの曲3位:I Feel It Coming

3位は「Lose Yourself to Dance」などで有名な「Daft Punk」と共演した「I Feel It Coming」です。「Sidewalks」と同じアルバム「Starboy」に収録されています。

恋の始まりを歌った曲で、「僕と二人っきりなら大丈夫だ」といった歌詞から伝わってくる、彼の器の大きさが、特に女性からの人気を多く集めているようです!

PVにはなんと、日本で人気のモデル「水原希子」が出演しているので、注目してみてください!

ザ・ウィークエンドのおすすめの曲4位:The Hills

4位は2015年リリースの「The Hills」です!

アメリカ・カナダでチャート1位を記録し、ビルボード・ミュージック・アワードのトップ・R&B・ソング部門、トップ・ストリーミング・ソング部門で受賞をしている大人気曲の一つです。

タイトルの「Hills」はビバリーヒルズを指しており、ビバリーヒルズに住む女性との関係を歌った曲になっています。

歌の主人公は薬物依存症で、そのビバリーヒルズの女性からも完璧に拒まれている様子で、ダークなメロディと相まって悲しみ溢れる一曲になっています!

ザ・ウィークエンドのおすすめの曲5位:Earned It

5位は「Earned It」です!これもアルバム「Beauty Behind the Madness」に含まれている曲です。

イギリスで人気の官能小説を題材とした映画「Fifty Shades of Grey」のサントラ曲として採用された曲で、テーマは「誰にも認めてもらえない、破滅を迎えるであろう2人の秘密の愛」で映画のイメージとしっかりマッチしています。

PVも曲の内容通り、セクシー度の高いビデオになっています!

ザ・ウィークエンドのおすすめの曲6位:Can’t Feel My Face

6位は「Can’t Feel My Face」です!これもアルバム「Beauty Behind the Madness」に収録されいる曲で、アメリカ、カナダ、デンマーク、ニュージーランドの4カ国でチャート1位を記録したメガヒットシングルです!

タイトルをそのまま訳すと「自分の顔がどんな風になっているかわからない」となっていますが、「彼女のことが好きで、彼女の前でどんな顔をしているかわからない」という状態を指しており、ポップで明るい曲です!

ザ・ウィークエンドのおすすめの曲7位:Starboy

7位は「Starboy」です。2016年にリリースされたアルバム「Starboy」のタイトルになっており、こちらも3位で触れた「Duft Punk」が共演している曲です。

彼が有名となりスターになったことに対して、自分に向けられる嫉妬をテーマにした曲で、それを嘲笑うかのような歌詞が特徴です。他の曲に比べて、ドラッグについての描写が多いようです。

ザ・ウィークエンドのおすすめの曲8位:Love Me Harder

8位は2014年リリースの「Love Me Harder」です。

世界中のティーンエイジャーから絶大な人気を集めている大物女性シンガー「アリアナ・グランデ」と共演したことで有名な曲で、この曲をきっかけに「The Weekend」の名が世界に広まったと言っても過言ではないでしょう!

男心、女心がお互い交錯し合う、ちょっぴり切ない内容になっています!

ザ・ウィークエンドのおすすめの曲9位:In The Night

9位は2015年リリースの「In The Night」です。「Can’t Feel My Face」や「Often」などと一緒にアルバム「Beauty Behind the Madness」に収録されています。

曲調はアップテンポで乗れる感じなのですが、「性的虐待を受けた少女が、大人になっても消えない苦しみと戦う」というなんとも重い内容の歌詞になっています。彼らしい、悲しく切ない曲です。

ザ・ウィークエンドのおすすめの曲10位:False Alarm

10位は「False Alarm」です。「Sidewalks」や「I Feel It Coming」と同じく、アルバム「Starboy」に収録されています。

タイトルにある「False」とは「偽り、嘘」を意味しており、曲のテーマが「快楽主義に溺れる男を次々に落としていく女」を題材にしていることから、「その女性が見せる愛は偽りだ、気をつけろ!」ということを暗示しているようです。

曲調は非常にアップテンポで、デンジャラスな感じが漂う一曲になっています!

The Weekendのおすすめの曲についてまとめ

以上、日本でも人気急上昇中の「ザ・ウィークエンド(The Weekend)」のオススメ曲をお送りしました。自分の好み中心に作ったので、偏っていることは間違いない?ですが楽しんでいただけると幸いです!

スポンサーリンク