この記事では山崎まさよしのおすすめ曲をランキング形式でお届けします。1995年にデビュー。その前からアーティストとして活動しており音楽業界では有名な存在だったそうです。

シンガーソングライターとしてマルチに活躍している山崎まさよし。その名曲たちをランキング形式で振り返ってみましょう!

山崎まさよしのおすすめの曲10選

smap提供曲「セロリ」で一躍国民的に知名度を得たミュージシャン山崎まさよし。ピアノにギターとライブで語り弾く姿は大変クールでカッコいいです。

最大の武器はなんといってもその独特の歌声にあります。一度聞いたら忘れられない山崎まさよしの声から出来た素晴らしい楽曲を紹介していこうかと思います。

山崎まさよしのおすすめの曲1位:セロリ

smapへの提供曲として問答無用の名曲。元々シンガーソングライターとして実力派で名前が知られていた山崎まさよしもこの曲で一気に知名度があがりました。

smapのセロリよりも山崎まさよしが歌うセロリにはもっとポップさと潤とした爽やかさがあります。

山崎まさよしのおすすめの曲2位:月明かりに照らされて

山崎まさよしメジャーデビューシングル。ブルース的な要素とソウル的な要素を力強く若々しく歌っています。サビの「迷わない」と言うフレーズ通り迷いなくまっすぐな姿勢でのびのびと演奏しているのが印象的です。

山崎まさよしのおすすめの曲3位:僕はここにいる

休日の優しい木漏れ日が注がれる午後の夕暮れ前。さらさらと流れてくる風と共にこんな曲がふいに聞こえてくれば、愛しい人への思いは優しい気持ちに包まれるでしょう。そんな幸せな時間をくれるような曲です。

山崎まさよしのおすすめの曲4位:One more time,One more chance

山崎まさよしのシンガーソングライターとしての才能を如何なく発揮されている名曲。ごくありふれた日常のふとした瞬間の奇跡。その時間が何度も起これば最高だよねと心にささります。

山崎まさよしのおすすめの曲5位:やわらかい月

ほんの少しコードの進行が、エリック・クラプトンの「change the world」を思わせますが、やや寂しい感じがします。だからこそ、月のあかりに優しく照らしてもらい、優しく包み込んでもらえばいい。

この曲の世界観に引き込まれてしまいます。

山崎まさよしのおすすめの曲6位:8月のクリスマス

どのようにしてこのような曲のフレーズを思いつき、このような素晴らしい歌詞が舞い降りてくるのでしょうか?

曲名の「8月のクリスマス」はありがちなタイトルですが、夏の透き通った冬のような白い空気が思い浮かぶような一曲です。何とも言えない夏の幸福感に感動してしまいます。

山崎まさよしのおすすめの曲7位:中華料理

山崎まさよしの曲の特徴として、聞いていて疲れない爽やかさと、曲の長さにあります。気づいたら曲が終わっているくらいな感じで、いい感じの余韻に浸れまた聞き直してまう。

この曲もわかりやすさと聞きやすさが充満している曲です。

山崎まさよしのおすすめの曲8位:空へ

デビュー20周年という節目に映画「ドラえもん 新・のび太の新日本誕生」の主題歌として作られました。デビューして20年となると作られる曲にはベテランのなせる技が散りばめられています。

それでも、しっかり山崎まさよしの世界観は輝いています。

山崎まさよしのおすすめの曲9位:メヌエット

プレイステーション2「ロマンシング サガ ミンストレルソング」のテーマ曲として作られました。ロマンシング サガの持つ独特な神話的なフィーリングをしっかり作り出し抒情詩的な歌い方をしています。

山崎まさよしのおすすめの曲10位:水のない水槽

変拍子的な変わったコード進行なギターのフレーズと印象的なピアノの音色。曲の作り方が少しヒップホップ的なトラック制作に似ている感じがします。

そこに乾いた感じの歌詞と山崎まさよしの歌が入れば名曲が出来上がります。

山崎まさよしおすすめの曲についてまとめ

如何でしたか?デビュー以来素晴らしい曲を作詞・作曲してきた山崎まさよしの名曲たち。

これからもずっとギターやピアノから沢山の曲を生み出し、一般人が思いもしない歌詞をその口から吐き出し、日本の音楽シーンを盛り上げて欲しいものです。

山崎まさよしは日本のミュージックシーンの要にあるべき人。今後も是非活躍をしてもらいたいと思います。